読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当に必要とされるダイエット料理本は⁈

★今日の一品★

f:id:ueda-kohei:20170501074521j:image

マフィン・サンドウィッチ

  • マフィンはクルミ入り
  • 具材はきゅうり、トマト、レタスみたいな葉っぱ
  • ゆずノンオイルドレッシングがソース代わり

 

ダイエット料理本を読んだことはありますか?

 その時々で流行っているダイエット方法に合わせた料理本が本屋さんではたくさん売られています。

今はやっぱり糖質制限ダイエットに関連した料理本が多いようです。

 

私は昨日、マクロビオティックの料理本を読みました。

糖質制限でもマクロビでも、その方法自体はともかくとして、たいていの料理本は管理栄養士の人が考えた彩り豊かで多種多様なメニューとそれらのレシピがあり、充実した内容です。

 

しかし、私にとってはどれも「う〜ん…」というものばかりです。

 

そのレシピ、料理嫌いや料理初心者でも作れます?

 というのも、どのレシピも結構手の込んだものばかりで、材料の種類を見ただけで、「もう、いいや…」となってしまいます。

 

管理栄養士さんが考えるメニューなので、やっぱり「しっかりとした料理」じゃないといけないのでしょう。

下ごしらえとか、オーブンで焼くとか、あく抜きをするとか、聞き慣れない材料を使うとか、いろいろ大変そうです。

 

私は料理自体は嫌いではないですが、面倒くさがりなので、手の込んだ料理はしたくないし、作れません。

 

ダイエッターでも料理が嫌いな人とか、料理を作る時間がない人とか結構多いと思います。

私を含めそういった人たちにとって、「しっかりとした料理本」は何の参考にもなりません。

 

食べる時間より長い時間をかけて料理する価値はあるのか⁈

 料理が好きな人はたくさん時間をかけて作ることに何のストレスも感じないかと思いますが、そうでない人にとっては、苦痛以外の何物でもありません。

 

食べる時間より長い時間をかけて料理をするなんてあり得ないという人も多いでしょう。

なので、そういう人たち向けの「面倒くさがりダイエッターのための時短ダイエット料理本」があったらいいと思います。

 

 ちなみに今日の写真のサンドウィッチは6分ぐらいでできました。

マフィンを5分トーストしている間に野菜を切り、焼けたら具材を挟むだけです。

トーストしなければ3分ぐらいでできます。

 

★今日のまとめ★

  1. たいていのダイエット料理本のレシピは作るのが結構大変。
  2. 料理嫌いな人や料理をする時間があまりない人には参考にならない。
  3. 料理が嫌いではなくても、面倒くさがりの人にも参考にならない。
  4. 「面倒くさがりダイエッターのための時短ダイエット料理本」が本当に求められているダイエット料理本では…⁈

 

 

スローダイエット
https://www.kohei-slow-diet.com/ 

やせている人はバーベキューで何を食べているか

★今日の4品★

f:id:ueda-kohei:20170426204405j:image

  • 玄米 納豆 しそわかめ
  • 味噌汁
  • 大根の煮物
  • ごぼう、にんじん、こんにゃくの煮物

「おばあちゃん家?」と言われそうですが、自宅です。

 

もうすぐGWですね

今週末からいよいよGWが始まります。

どこに行っても人だらけのこの連休、別になくても良いのではと思ったりします。

やっぱり時期が中途半端じゃないでしょうか。

 

新年度、新学期が始まってしばらく経ち、そろそろ軌道に乗るかなというところでGWになります。

いわゆる5月病はGWが少なからず関係しているのではないかと思っています。

張り詰めていた気持ちが緩み、休み明けはボーッとして、無気力感にとらわれてしまうのはある意味自然なことのようにも感じます。

 

春は冬からの季節の動きに心も身体も対応するのが簡単ではないとも言われています。

この時期、どこかしら体調が芳しくないという人は少なくないのではないでしょうか。

 

とGWを批判をした私ですが、5/3〜5/5まで北海道に出掛けます。

まさにGWのど真ん中です…

 

GWと言えばやっぱりBBQ‼︎

今年はイマイチ暖かくなるのが遅いですが、やはりGWの時期はBBQをする人が多いですよね。

暑くもなく、寒くもないこの時期、ちょうどいいですね。

みんなで集まってワイワイとバーベキューをするのは楽しいものです。

 

スーパーマーケットなどにはバーベキュー用の食材がたくさん売られ、河原やキャンプ場は大勢の人で賑わうことでしょう。

コストコなんかではどデカイ本格的なバーベキューコンロが売られてたりします。

 

バーベキューで何を食べる⁈

たいていバーベキューは次から次へと食べ切れないほどの食材が焼かれて、どんどん食べることになります。

ビーフ、チキン、ポークといった肉類がメインで、魚介類、野菜、きのこなども焼いて、最後は焼きそばというのが定番でしょうか。

 

焼くもの以外でもポテトチップスなどのお菓子なんかも出てきたりして、冷静に振り返ると一日中食べていたという感じになりがちです。

 

何をどれだけ食べているか意識する

何でもかんでもやたらめったら食べていたら、ものすごいカロリー摂取になることは言うまでもありません。

肉のカロリー量はハンパではありません。

 

ダイエッターなら自分が何をどれだけ食べているか意識することが大切です。

おいしそうに焼けたお肉を食べるのももちろん良いですが、食物繊維が豊富で脂肪の吸収を防いでくれる野菜やきのこも一緒にたくさん食べるというのも大事です。

 

お肉や野菜を食べてお腹がいっぱいなら焼きそばはやめておくとか少しだけにする、逆に後で焼きそばも食べたいから最初は少し抑え目にしておくとかの調整をする意識も大切です。

 

やせている人はどんな食べ方をしている⁈

一緒いる仲間でやせている人は何をどれだけ食べているか見てみるのも参考になるかもしれません。

 

「何でも食べているけど、よく見たらそれぞれの量は少なかった」とか、「飲み物はコーラだけど、ガブ飲みしているわけではなかったし、一杯飲んで後はウーロン茶だった」など、何かしらの発見があると思います。

 

 食べ過ぎを防ぐためには

 とは言ってもつい食べ過ぎてしまいがちになるのがバーベキューです。

では、食べ過ぎを防ぐためにはどうすれば良いでしょうか。

 

  1. 焼き係に没頭する。
  2. おしゃべりに夢中になる。
  3. 子供の世話係を率先してやる。
  4. 食べる以外のキャッチボールや他の遊びをいっぱいやる。
  5. バーベキューに行かない。

 

5は極端だとしても、食べる以外のことをたくさんやると自然と食べ過ぎずに済むでしょう。

 

楽しいバーベキューを‼︎

洋菓子はなぜカロリーが高いのか?

★今日の一品★

f:id:ueda-kohei:20170424073309j:image

オイキムチ

 

日本のお菓子の種類の多さ

関東周辺はもうすっかりと桜の花は散りましたが、先週訪れた長野県駒ヶ根市ではちょうど満開でした。

 

日本では季節折々の和菓子もたくさんあります。桜の時期は桜餅、これからはかしわ餅でしょうか。

 

季節ものだけでなく、日本全国にはその土地の名物のお菓子がたくさんあります。それこそ数え切れないほどです。

観光地のおみやげ屋さんや空港、駅にに行けば、ところ狭しとお菓子が並んでいます。

 

日本だけでどのぐらいのお菓子の種類があるのでしょうか。

とてつもない数だと思います。

 

和菓子と洋菓子の違い

一般的に和菓子より洋菓子の方がカロリーが高いです。

 

例えば、おまんじゅう50gで135kcalぐらいですが、ドーナツは同じ50gで185kcalあります。

たかだか50kcalと言うかもしれませんが、同じ量で同じ「甘いお菓子」なのに、これだけのカロリー差があるのは、甘いもの好きのダイエッターにとっては一大事かもしれません。

 

中にクリームやチョコレートが入っているドーナツだったりするとさらにカロリーが高くなります。

 

では、なんでこれほどのカロリー差があるのでしょうか。

 

何の材料を多く使っているかがポイント

 おまんじゅうの原材料の中で多く使われているのは、小豆、砂糖、小麦粉です。

一方、ドーナツは牛乳、バター、卵、砂糖です。

 

どちらも甘いお菓子なので、砂糖はもちろん使っています。(しかもかなりの量を)

違うのは牛乳、卵、バターです。

 

洋菓子は牛乳やバターなどの乳製品と卵を多く使います。ここがポイントです。

乳製品や卵は脂質が高いので、ここの部分がカロリーの差として出てきます。

 

お菓子だけでなく食事も同じ

 洋食で材料に乳製品や卵を多く使うのは、お菓子だけでなく食事も同じです。

クリームシチュー、オムレツ、ピザ、クリームパスタなどなど…

 

一方、和食は材料に乳製品や卵はあまり多くは使いません。

あと、油そのものもそこまで多く使いません。精進料理では油は全く使わないそうです。

こういった違いも見ていくと興味深いと思います。

 

 ★今日のまとめ★

  1. 日本全国、各地の名物と呼ばれるお菓子は数え切れないぐらいにある。
  2. 洋菓子は和菓子よりカロリーがたいてい高い。
  3. 脂質の多い乳製品、卵をたくさん使っているから。
  4. お菓子だけでなく洋食も同様。

 

スローダイエット

 https://www.kohei-slow-diet.com/

糖質制限ダイエットの生みの親は肥満で亡くなった

★今日の一品★

f:id:ueda-kohei:20170419122718j:image

 野菜(キャベツ、もやし)ときのこ(えのき)のブイヨンスープ

 

糖質制限ダイエットの本を流し読み

 昨日、銀行で少しだけ待つことがあり、そばに置いてあった糖質制限ダイエットの食事メニューを紹介している本をペラペラとめくっていました。

 

糖質制限ダイエットをおすすめしていない私からすると「こんなこと書いていいの⁈」というようなことが書かれていて驚きました。

 

「たくさん食べても安心」…

f:id:ueda-kohei:20170420064127j:image

 

上の写真の通り、この本によると肉、魚介類、卵、バターなどは「たくさん食べても安心」だそうです。

 

糖質制限ダイエットをする上では「いくら食べても安心」なのかもしれませんが、人間として健康的に生きていくためと考えた場合、どうでしょうか?

 

動物性食品の食べ過ぎは、高血圧、脂質異常症など、生活習慣病の原因となることは広く知られています。 

固形のバターを丸かじりしても「安心」でしょうか。

 

 やせれば健康は気にしなくていい⁈

「やせられれば何でもいい」という人は多いかもしれませんが、健康を害したり、リバウンドしたら元も子もありません。

 

私は糖質制限ダイエットは、健康を害したり、リバウンドしたりする危険性が高いと考えています。

 

糖質制限ダイエットの流行はいつまで続くか

糖質制限ダイエットが大流行していますが、10年後、このダイエットがまだ流行っているか楽しみです。

もともとこのダイエット方式は10年以上前にアメリカで大流行したものです。

(今ではすっかり廃れているみたいですが…)

 

糖質制限ダイエットに対しての私の意見は以前、このブログに書いたのですが、アメブロ時代のものなので、近いうちにリライトしてまたアップしたいと思います。

 

このブログのタイトルの通り、糖質制限ダイエットを最初に提唱した人は肥満で亡くなっています…

 

あなたはどんなダイエットをしたいですか⁇

 

 

スローダイエット
https://www.kohei-slow-diet.com/

 

 

 

 

初めてのハーフマラソン完走‼︎

★今日の一枚★

f:id:ueda-kohei:20170418073014j:image

 完走後の一枚

 

初めてのハーフマラソン完走できました‼︎

 先日、人生初めてのハーフマラソン大会に出場し、何とか完走することができました。

2時間以内を目標タイムにしていましたが、ギリギリではありますが、達成することができたので良かったです。

 

f:id:ueda-kohei:20170418073236j:image

 

走りながらいろいろ考えた

 全てが初めての経験だったので、スタートしてしばらくはいろいろと戸惑いながら走っていましたが、段々と雰囲気にも慣れ、自分のペースをつかむことができました。

 

何しろ2時間ぐらいずっと走るので、いろいろなことを考えながら走っていました。考えていることは自然と全てダイエットに関連づけているので「メモ取りたいなー」とずっと思っていました。

 

いわゆるランナーズハイにもなるので、全てを前向きにとらえられる思考状態にもなりました。練習中もよくなりますが、これがランニングの醍醐味の1つです。(最後の方はキツくてそれどころではありませんが…)

 

走りながら考えたことは下になります。

 

自分を知って目標をたてる。

何しろ長丁場なので、まずは自分の「実力」を把握して、無理のない目標を設定し、スタートからゴールまでを大まかにイメージする。

「実力」を「体重」に置き換えれば、そのままスローダイエットのやり方につながります。

 

スタートからゴールまでマイペース

今回は3000人がエントリーしたそうですが、3000人それぞれ自分のペースがあります。早い人は1時間15分ぐらいで走っていました。遅い人は制限時間3時間を超えてしまった人もいます。

 

スタートからゴールまで誰かと一緒に全く同じペースで走るということはまずありません。

私も近くの人をペースメーカーにして付いて行こうかと思いましたが、歩幅や呼吸のリズムが違うのでやめました。

 

ダイエットも他人に惑わされることなく、自分のペースで黙々と続けることが大切です。

 

強い気持ち

今回、初めてだったのでタイムよりも歩くことなく「完走」することを重要視しました。給水場は人だかりができているので、どうしても一旦ストップしなくてはいけないのですが、給水以外は歩かないで走りきることができました。

 

やはり中には歩いている人もたくさんいましたが、個人的には歩いている人を見るのがとても辛かったです。なぜか自分も歩きたくなってしまうのです。

 

でも何とか「俺は歩かない」と思いながら走り続けました。

ダイエットもマラソンと同じで長丁場です。「やせたい」という気持ちを持ち続けることが大切です。

 

応援のありがたさ

よくマラソンランナーが「沿道の声援がとても励みになりました」とかインタビューで言っているのを聞いたことがあると思います。

今までは「ホントかよ」なんて思っていましたが、あれは本当だったことが今回分かりました。

 

「がんばれー‼︎」、「あともう少し‼︎」といった声援は苦しい時に本当に励みになります。本当にありがたかったです。

和太鼓チームも太鼓を叩いて応援してくれましたが、太鼓のリズムと自分の呼吸が合わなかったので、あれは正直少しキツかったです…

 

ダイエットも家族や友人、そしてコーチの応援、励ましが必要だと改めて感じました。

 

次回は…

ハーフですらめちゃくちゃキツかったので、今は想像もできませんが、大目標はフルマラソンです。いつかは走りたいです。

 

最後に、

今回ハーフマラソン大会に出場するきっかけを作ってくれ、一緒に走ってくれたYさんありがとう‼︎

またセッションでお会いしましょう‼︎

 

★今日のまとめ★

  1.  マラソンもダイエットも同じ長丁場なので、共通する考え方がたくさんある。
  2. まずは自分の現状を把握して、目標を立てる。
  3. 周りに惑わされずに常にマイペースを心がける。
  4. 「やせたい」という強い気持ちを持ち続ける。
  5. あなたのダイエットを応援する人(家族、友人、そしてコーチ)が必要。

 

 

スローダイエット

https://www.kohei-slow-diet.com/

 

 

 

 

 

 

 

日本が誇るスーパーフード その1

ダイエッターにおすすめのスーパーフードは?

前回に紹介したアボカドのようにスーパーフードは高栄養がゆえに高カロリーのものも多くあります。

 

高栄養だからと言ってたくさん食べると太るものもあるので、ダイエッターは気を付けないといけません。

 

では、ダイエッターにとっておすすめのスーパーフードは何でしょうか。

やっぱり日本人になじみのあるものが良いでしょう。

 

のりこそ最強のスーパーフード

のり

f:id:ueda-kohei:20170415110107j:image

 

のりは日本人になじみのある食品です。日常的に食べている方も多いでしょう。

焼きのりは薄いので栄養はあまりないようなイメージがあるかもしれませんが、ビタミン、ミネラル、食物繊維がぎゅっと詰まっています。

 

また、海藻の中でもβカロテンが最も多く含まれており、抗酸化食品でもあります。

 

そしてビタミンB12が多く含まれていることも大きなポイントです。

ビタミンB12は現代では動物性食品にしか含まれていません。外国の厳格なベジタリアン(特に乳製品も摂らないヴィーガン)はビタミンB12サプリメントで摂取している人もいますが、のりを食べる日本人にはその心配はありません。

 

他にもヨウ素カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンも豊富でのりはまさしくスーパーフードの名にふさわしい食品と言えるでしょう。

 

そして焼きのり1枚3gでカロリーは5kcalですので、安心して食べられます。

 

我が家でものりの消費量がハンパなく、コストコでまとめ買いをしてストックしてあります。 

 

のりだけでなく、わかめやひじきといった海藻類全般も同じぐらい栄養価があり、カロリーも低めです。

 

 

スローダイエット
https://www.kohei-slow-diet.com/

 

 

スーパーフードでも気を付けたい食品は?

スーパーフードなら何でもいいというわけではない。

 

スーパーフードといってもいろいろなものがありますが、中には高栄養がゆえに高カロリーのものもあります。

 

例えば⬇︎

f:id:ueda-kohei:20170414081021j:image

アボカド

 

アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど脂質が多いです。といってもバターに含まれる脂質とアボカドに含まれる脂質は種類が異なり、アボカドの脂質は身体に良いものなので、このネーミングはちょっと誤解を招くと思います。

 

ビタミンEカリウム食物繊維、抗酸化物質も豊富に含まれていて栄養価がとても高い食品です。

 

ただ先ほども書いたように脂質が多いのでカロリーも高くなります。

1個約140gでなんと262kcalもあります。白米一膳150gと同じぐらいです。

 

ちなみにアボカドは果物に分類されるようですが、果物でここまでカロリーが高いものはほとんどありません。

 

なので、ダイエットをしている方は、アボカドを食べる場合は少しだけにした方が良いと思います。

 

アボカドだけでなく、スーパーフードには高栄養&高カロリーのものが結構多いです。

次回からダイエッターにおすすめの高栄養だけど低カロリーのスーパーフードをご紹介します。