読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本料理の偉大さを知りやせよう

ダイエット

{82188FB7-791B-449A-80E2-512864527B6C}

1/30 夕食
キャベツ わかめ 豆腐
粗挽きこしょう うま塩ノンオイルドレッシング
野菜鍋(写真撮り忘れ)


ダイエットにおける日本料理の偉大さを改めて感じています。

精進料理などの伝統的な日本料理では、油も乳製品も使わないそうです。
これは他の国の料理ではなかなか見かけません。

西洋料理はバターをたくさん使います。
お菓子にもバター、クリームなどよく使っています。

中華料理も多くの油を使っています。
よく中華料理屋の床はツルツルしてます。

油も乳製品もお腹に溜まらないので、軽く考えがちですが、脂質が高いので、脂質になりやすいです。

油は大さじ1杯で125kcalです。
ご飯半膳と同じです。
たった大さじ1杯ですごいカロリーです…

最近、オリーブオイルやアマニオイルやココナッツオイルなどが身体に良いと言われてますが、間違えてはいけないのは、どれも油であることに変わりはないということです。

確かに身体に良い栄養素はあると思いますが、どんな油でも大さじ1杯で125kcalです。

そもそも、オリーブオイルならオリーブの実を、アマニオイルならアマニの粉を、ココナッツオイルならココナッツの実を食べた方が、油にする時になくなってしまった他の栄養素もたくさん入っているので、もっと身体に良いのです。

なぜ油だけをフォーカスする必要があるのでしょうか⁇
そこには商魂たくましい人々の思惑が絡んでいるウラ事情があるのかもしれません。

日本料理から油の話になってしまいましたが、素材そのものの味を最大限活かす日本料理は、自然とカロリーが低くなり、ダイエットの強い味方となります。