読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラダラとダイエットをしていても意味はない。

f:id:ueda-kohei:20170219144608j:image

 

今日は新規のお客様のカウンセリングでした。

出張前の朝の忙しい時に、時間を取って頂き、恐縮でしたが、有意義なお話ができました。

 

 

何でも続けることは簡単ではない

恥ずかしい話ですが、実はここのところ運動不足気味です。

以前は筋トレやジョギングを頻繁に行っていたのですが、

最近は月に数回(!!)程度となってしまっております。

 

ジムや日記や家計簿など、「がんばって続けるぞ!!」と意気込み、最初は順調にいっても、だんだんと回数が少なくなり、いつの間にか完全にやめてしまっていたということはありませんか?

 

まさにダイエットもそういう経験を持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

私の運動の回数が減っている理由

 今日のお客様は年に一度はフルマラソンを完走されているそうです。

大会が近づくとトレーニングを行い、辛いながらも完走を果たす...

いつかはホノルルマラソンに出場したい...

 

お話を聞きながら、

「そうか、私が運動の回数が減っている理由はそれだ!!」

と気付きました。

 

目標です。

具体的な目標がないから、運動をするやる気も出ず、回数が減ってしまっているのです。

 

「マラソンか... いいな... 最初からフルは難しいだろうから、まずはハーフを目指すのはどうかな...」

なんて思ったりしました。

 

いろいろ考えているだけでは、何も始まらないので、

ポジティブに自分にプレッシャーをかける意味でも↓のことを今決めました。

 

●上田公平の今年の運動の目標

  1. マラソン大会に出場し、ハーフマラソンを完走する。
  2. 5年振りに社会人サッカーチームに復帰し、試合に出場する。 

 

 ダイエットも目標を持つことが大事

目標を持つ

やる気が出る。やる気が続く。

行動を起こす。継続的に行動する。

結果が出る。

 

その辺のビジネス書に書いてるような感じになってしまいましたが、

実際、ダイエットにも当てはまります。

 

やはり目標がないと、ただなんとなくダイエットしているだけになりがちです。

まずは目標を立てることからダイエットを始めませんか?

 

今日は目標を持つことの大切さを改めて気付かされました。

 

 

スローダイエット

https://www.kohei-slow-diet.com/