読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お弁当はあなたの体重を減らす

★今日の一品★

f:id:ueda-kohei:20170210010308j:image

 サモサ

じゃがいもを小麦粉の皮で包んで油で揚げたもの。

インド人がみんな大好きなスナック。ソースをつけて食べることも👍🏾

 

ランチをお弁当にするという方法もある

ランチはいつも外食という方は、たまにはお弁当にしてみるのはいかがでしょうか。

 

  • 忙しい朝にお弁当を作る時間なんてないし、面倒くさい。
  • 荷物が多くなるのが嫌。
  • 今さらお弁当なんて何か気恥ずかしい。
  • 昔はお弁当を持って行っていたけど、いつの間にか外食になっていた。

 

お弁当を持って行かない理由はいろいろとあると思いますが、外食のマイナスポイントもぜひ知ってください。

 

 外食はカロリーが高い。

たいていのお弁当は外食よりカロリーが低くなります。

なぜかというとメインのおかずのサイズが小さくなって、脂質が低くなることが一番の理由です。

 

例えばとんかつ屋さんに行ってとんかつ定食を食べるのと、自宅にあったとんかつをお弁当に入れた場合、お弁当の方がほぼ確実にとんかつの量は少なくなります。

 

その他にサブ的なおかずがいくつか入ると思いますが、高カロリーなものは大して入らないことが多いでしょう。

 

お弁当は健康的な食事になる。

毎日ランチが外食で健康的だと思いますか?
例えば、中華料理などかなりの量の油を使っています。
家庭料理では考えられないぐらいの量です。

 

また、外食は栄養バランスが悪いものがほとんどです。
例えばパスタなんかだと、含まれている栄養素はほとんどが糖質と脂質です。
野菜が入っていたとしても微々たるもので、ビタミン、ミネラル、食物繊維などほぼありません。

 

 外食は野菜を摂れない。

ランチセットでサラダが付いてくることがあるかもしれないですが、小さな器に少し入ってるだけのことがほとんどです。
それぐらいの量ではやはり足りません。

 

ラーメン、カレー、牛丼など、別にサラダなど頼めば別ですが、単品だと野菜はほとんど採れません。

 

お弁当はお財布にも優しい

1カ月に20回仕事に出るとしたら、毎日800円のランチを食べた場合、下のような計算になります。

 

1ヶ月 ➡︎ 800円 × 20日 = 16,000円
1年 ➡︎ 16,000円 × 12ヶ月 = 192,000円

年間でランチに192,000円使っていることになります。


「塵も積もれば…」ではないですが、結構な額だと思いませんか?
800円より高い時もあるでしょうし、会社への帰り際にコーヒーなんかを買って行ったりすれば、1,000円以上になります。

 

お弁当にすれば1回300円もかからないと思いますので、かなりの節約になります。


★今日のまとめ★
1.たまにはお弁当を作って持って行くのも良い。
2.外食はお弁当と比較するとカロリーが高い。
3.お弁当は健康的な食事になる。
4.外食は栄養の偏りがある。
5.お弁当はお財布にも優しい。

 

 

⬇︎のウェブサイトもご覧ください‼︎

スローダイエット
https://www.kohei-slow-diet.com/