読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初めてのハーフマラソン完走‼︎

★今日の一枚★

f:id:ueda-kohei:20170418073014j:image

 完走後の一枚

 

初めてのハーフマラソン完走できました‼︎

 先日、人生初めてのハーフマラソン大会に出場し、何とか完走することができました。

2時間以内を目標タイムにしていましたが、ギリギリではありますが、達成することができたので良かったです。

 

f:id:ueda-kohei:20170418073236j:image

 

走りながらいろいろ考えた

 全てが初めての経験だったので、スタートしてしばらくはいろいろと戸惑いながら走っていましたが、段々と雰囲気にも慣れ、自分のペースをつかむことができました。

 

何しろ2時間ぐらいずっと走るので、いろいろなことを考えながら走っていました。考えていることは自然と全てダイエットに関連づけているので「メモ取りたいなー」とずっと思っていました。

 

いわゆるランナーズハイにもなるので、全てを前向きにとらえられる思考状態にもなりました。練習中もよくなりますが、これがランニングの醍醐味の1つです。(最後の方はキツくてそれどころではありませんが…)

 

走りながら考えたことは下になります。

 

自分を知って目標をたてる。

何しろ長丁場なので、まずは自分の「実力」を把握して、無理のない目標を設定し、スタートからゴールまでを大まかにイメージする。

「実力」を「体重」に置き換えれば、そのままスローダイエットのやり方につながります。

 

スタートからゴールまでマイペース

今回は3000人がエントリーしたそうですが、3000人それぞれ自分のペースがあります。早い人は1時間15分ぐらいで走っていました。遅い人は制限時間3時間を超えてしまった人もいます。

 

スタートからゴールまで誰かと一緒に全く同じペースで走るということはまずありません。

私も近くの人をペースメーカーにして付いて行こうかと思いましたが、歩幅や呼吸のリズムが違うのでやめました。

 

ダイエットも他人に惑わされることなく、自分のペースで黙々と続けることが大切です。

 

強い気持ち

今回、初めてだったのでタイムよりも歩くことなく「完走」することを重要視しました。給水場は人だかりができているので、どうしても一旦ストップしなくてはいけないのですが、給水以外は歩かないで走りきることができました。

 

やはり中には歩いている人もたくさんいましたが、個人的には歩いている人を見るのがとても辛かったです。なぜか自分も歩きたくなってしまうのです。

 

でも何とか「俺は歩かない」と思いながら走り続けました。

ダイエットもマラソンと同じで長丁場です。「やせたい」という気持ちを持ち続けることが大切です。

 

応援のありがたさ

よくマラソンランナーが「沿道の声援がとても励みになりました」とかインタビューで言っているのを聞いたことがあると思います。

今までは「ホントかよ」なんて思っていましたが、あれは本当だったことが今回分かりました。

 

「がんばれー‼︎」、「あともう少し‼︎」といった声援は苦しい時に本当に励みになります。本当にありがたかったです。

和太鼓チームも太鼓を叩いて応援してくれましたが、太鼓のリズムと自分の呼吸が合わなかったので、あれは正直少しキツかったです…

 

ダイエットも家族や友人、そしてコーチの応援、励ましが必要だと改めて感じました。

 

次回は…

ハーフですらめちゃくちゃキツかったので、今は想像もできませんが、大目標はフルマラソンです。いつかは走りたいです。

 

最後に、

今回ハーフマラソン大会に出場するきっかけを作ってくれ、一緒に走ってくれたYさんありがとう‼︎

またセッションでお会いしましょう‼︎

 

★今日のまとめ★

  1.  マラソンもダイエットも同じ長丁場なので、共通する考え方がたくさんある。
  2. まずは自分の現状を把握して、目標を立てる。
  3. 周りに惑わされずに常にマイペースを心がける。
  4. 「やせたい」という強い気持ちを持ち続ける。
  5. あなたのダイエットを応援する人(家族、友人、そしてコーチ)が必要。

 

 

スローダイエット

https://www.kohei-slow-diet.com/