読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットは冷静さが大切

★今日の一品★

f:id:ueda-kohei:20170308182652j:image

野菜だらけの夕食

かなりの空腹だったので、

ありったけの野菜を食べました。

これだけ食べれば、さすがにお腹に溜まります。

 

まずは毎日体重計に

 最近体重計に乗ったのはいつですか?

昨日でしょうか。

1週間前でしょうか。

それとも1ヶ月前でしょうか。

 

ダイエットをするのなら、

1日1回ぐらいは体重計に乗った方が良いです。

理由は自分の体重が分かるからです。

そんなの当たり前だと言われればそれまでですが、ダイエットしたいのに体重計に乗らないという方がとても多いです。

 

体重計に乗るのが怖いという声をよく聞きます。

その気持ちは本当によく分かります。

私も少し食べ過ぎたかなという時には、今でも体重計に乗るのにドキドキします。

 

でも意を決して体重計に乗ってみてください。

表示された数字を見て愕然とすることもあるでしょう。

でも別にいいじゃないですか。

もし想定以上に体重が多かったとしても、それが分かっただけでも大きな前進です。

 

焦らず冷静に

想定以上に体重が多くてがっくりした時、やせているつもりが全く変動がなくてイライラした時、感情が表に出て「もうダイエットなんてやめてやる‼︎」と思うかもしれません。

 

その自然な感情が出ることは人間として普通なことです。

 

ただ少し時間が経って気持ちが落ち着いたら、冷静になって自分の思い通りになっていない理由を探しましょう。

 

自分の体重を知る = 自分を知る

 今の自分の体重を知ることは、自分を知ることにつながります。

 

「なぜこんなに太っているのか⁈」と考えた時に、否が応でも最近どういう食生活をしていたかを振り返ることになります。

そして、なぜ太るような食生活をしていたのかを考えます。

 

ストレスが溜まっていて、食事で発散させていたのかもしれません。

疲れていて無性に甘いものが食べたくなっていたのかもしれません。

特にいつもと変わらないけど、何となく食べ過ぎていたのかもしれません。

 

 原因は必ずある

ダイエットがうまく進んでいないとしたら、必ず理由があります。

 その理由を見つけるかどうかで、その後のダイエットの進み具合が変わります。

 

でもしっかりとした知識がないとその原因は見つけられません。

 

★今日のまとめ★

  1. 毎日1回は体重計に乗りましょう。
  2. ダイエットがうまく進まなくても、感情的にならないように努めましょう。
  3. ダイエットがうまく進まない原因を考えましょう。
  4. ダイエットの知識がないとなかなか難しいのが事実です。